自分の学力に合うコースがあるかチェックしよう

医学部専門予備校を選ぶ際には、いくつかの予備校の資料に目を通して、自分の学力に合うコースがあるかどうか厳しくチェックすることがおすすめです。たとえば、難関の国公立大学の医学部に特化した予備校では、自宅学習では対応しにくい試験対策のポイントを分かりやすく教えてくれるところも多くあり、現役生から浪人生まで様々な立場の人から支持が集まっています。一方で、偏差値が50から60程度の私立大学の医学部受験をターゲットとした予備校では、基本的なレベルの学習を中心に、予習から復習まできちんと取り組めるコースを用意しているところが目立ちます。そこで、早いうちから気になる予備校のコースの学習方法や授業のレベルについて比較をすることが大切です。

受験指導の経験が長い講師が揃っているところを優先的に探そう

受験指導の経験が長い講師が揃っている医学部専門予備校は、短期間での合格を目指す人にとって理想的な入会先として位置づけられることがあります。特に、有名大学の医学部を卒業している講師については、各予備校の公式サイトなどで経歴や得意な科目などが詳しく紹介されていることがあります。そのため、入会先の選び方について悩んでいるときには、業界内で評判が良い講師のプロフィールを確認するのはもちろんのこと、可能であれば体験授業を受けてみるのもおすすめです。その他、講師の授業の分かりやすさについては、実際に医学部専門予備校に入会してみなければ分からないこともありますが、契約前になるべく多くの受講生の体験談を参考にしてみると良いでしょう。