受験指導のノウハウがあるため志望校に合った対策を立てられる

大手の医学部の予備校を選ぶメリットとして、長年の受験指導のノウハウがあり、独学と比べると志望校に合った対策を立てやすいといったことがあります。また、各科目の講師だけでなく、現役の医学部生のアルバイトのスタッフが受験に関する全般的な相談に乗ってくれる予備校も多くあり、受験当日まで効率良く学習を進めることも可能です。最近では、授業のコースの選び方や、模擬試験の結果の参考の仕方について、入会前に分かりやすく説明をしてくれる大手の医学部の予備校の数も増えています。そのため、過去に予備校に通ったことがない人は、早いうちから少なくとも二つ以上の医学部の予備校の方針や授業の進め方、受講生へのサポートなどを比較してみましょう。

試験に出題されやすいテーマを集めた教材が豊富に揃っている

大手の医学部の予備校で採用されている教材の多くは、実際の試験に出題されやすいテーマを網羅しており、授業中だけでなく、自宅でも大事なポイントを押さえやすいといった魅力があります。特に、合格者数が少ない有名な国立や私立大学の医学部の受験対策を立てるにあたっては、一年以上の試験対策の期間が必要となるため、教材の質や難易度などにこだわって予備校選びをすることがおすすめです。最近では、入会希望者を対象に、授業で使用している教材の一部を公開している予備校もあります。そこで、一つの予備校に長く通い続けるうえで、体験授業や入会説明会などの機会を上手く利用して、じっくりと人気の予備校の教材の良し悪しを判断することが大事です。